亀頭ブツブツ除去の痛みは無痛麻酔で抑制

亀頭ブツブツ除去で不安な痛み

亀頭ブツブツ除去を受ける場合に気になるのが痛みです。
耐えられるレベルのものなのか、術中に痛みが強すぎて辛く感じるようなことはないのかと、事前に調べる人も多いようです。
苦痛な時間を過ごさないためには痛みを抑制する手段が必要ですが、亀頭ブツブツ除去の施術では麻酔を使用することで緩和できます。
実際には無痛麻酔による処置でほとんど感じませんので、怖がりの人でも安心して受けられます。
麻酔を使用すること自体が怖い人もいますが、それは針を刺す痛みを思い出すからです。
針を刺す時には亀頭ブツブツ除去という場所柄強い痛みを感じるのではないかと想像してしまいますが、いきなり針を刺すのではなくて、表面の感覚を麻痺させるようなスプレーやシートによって感覚を抑制する方法もあるため、怖がりの人は事前によく相談しておくと良いかもしれません。
このような方法を採用するクリニックは非常に増えており、患者さんの不安に寄り添った工夫をしています。

手術中の痛みは感じない

亀頭ブツブツ除去を受けている間は、無痛麻酔のお陰で痛みを感じません。
何をしているかも分からないくらい感覚が抑制されています。
痛みに対する不安が大きくて亀頭ブツブツ除去の施術を受けられない人でも、対処法を知れば不安が消えるはずです。

術後は麻酔が段々と切れて切れてきますので、1時間から2時間が経過すると次第に感覚が戻ってきます。
そうすると多少は違和感を感じるようになり、それが痛みだと認識する人もいるようです。
ただし、ほとんどの人は我慢できる程度の痛みですので、何の対策をしなくてもやり過ごせます。
不安な人は、クリニックで処方された薬を服用すると、快適に過ごせますので試してみましょう。
処方された薬は痛み止めであり、服用して少し経つと自然に違和感が減っていきます。
元々刺激の弱い施術ではありますが、不安な人にとっては痛み止めが心強い存在になることは間違いありませんので、処方されたら無くさないで保管しておきましょう。

まとめ

亀頭ブツブツ除去では、痛みを抑制するための方法として麻酔を使用しています。
麻酔を打つのも怖いという人には、表面的な感覚を鈍らせるスプレーやシートタイプの麻酔もあります。
事前に相談しておけば、クリニック側も対策を考えてくれますので、忘れずに相談しましょう。

術後も違和感を感じずに過ごせる人が多く、多少の痛みを感じたとしても痛み止めがあるので心配はいりません。
痛み止めを飲むと次第に違和感が減っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。